Upsource 2018.2の新機能

見た目が新しくなりました

Upsource 2018.2 では見た目が新しくなりました!JetBrainsが開発したWebベースの全製品に合わせたユーザーエクスペリエンスと一貫性のある最新バージョンのデザインを搭載しました。

カスタムワークフローでのコミットメッセージ

“Create reviews automatically”ワークフローの設定において、コミットメッセージを規定できるようになりました。メッセージが正しい基準を満たしている場合、自動的にレビューが作成されます。この機能によってカスタムワークフローの機能性を拡張でき、また、レビューを作成するためのコンテキストにスイッチすることなくコードに集中できるようになります。

外出中です

自身が外出中の場合は “Out of office” と示し、今はコードレビューができない状態であることをチームに知らせることができるようになりました。自動化されたワークフローもこの設定を守ります。このため、不在の間にレビュー依頼が蓄積されることはもうありません!

レビューの詳細なツールチップ

便利なツールチップによって、レビューページに遷移することなく、レビューの詳細を参照できるようになりました。この機能は何が起きたかの概要をすぐに見ることができるので時間の節約になります。

レビューからリビジョンの一括削除

以前のバージョンでは、レビューから複数のバージョンを削除したい場合、1つ1つ選択する必要がありました。現在はレビューから複数のリビジョンを選択でき、一度に削除できるようになりました。

レビューのデッドラインの自動移動

レビューにデフォルトのデッドラインを設定している場合に、新しいリビジョンが追加されたり新しいレビュアーがレビューに参加すると、デッドラインが自動的に移動されるようになりました。デッドラインに設定したい正確な日数を選択することもできます。

Java 9 以上に対応

Java 9 以上を使っているプロジェクトでもシンタックスのハイライトやコードインスペクションに対応しました。

その他の改善

Upsource 2018.2 は IntelliJ IDEA 2018.3 と Hub 2018.3 をバンドルするようになりました。また、Upsource のパフォーマンスを改善し、Mercurial 4.6 以上が稼働しているサーバーの対応も追加しました。