Upsource 2019.1の新機能

機能

新しいタイプのレビュー: レビューのマージ

Upsource 2019.1 では全く新しいタイプのレビューを追加しました。マージのレビュー機能によって、選択したブランチにマージする変更内容をチェックでき、マージ前にコンフリクトを発見できます。

レビューのマージ時の自動的なラベリング

新しいカスタムワークフローでは、レビューが作成されリビジョンがレビューに追加された際にレビューのラベルを追加したり削除してくれます。

レビューに関する記述

変更について付加的な情報を追加できるようになりました。レビューに関する記述の専用セクションで方針をレビューできます。

プロジェクトのアーカイブ機能を搭載

プロジェクトがアーカイブされると、Upsource は変更に対する VCS リポジトリのポーリングを停止し、レビュアーの作成を無効にします。従来のプロジェクトをアーカイブとしてマークすることで、それらのステータスを明確に人々に伝えることもできますし、大規模なインストールのパフォーマンスを向上することもできます。

勤務日を利用してレビューのデッドラインを特定

レビューのデッドラインをセッティングする際、週末が考慮されるようになりました。

リアクションのためのWebhook

コメントの追加/削除のリアクションのためのWebhookに対応しました。

ディスカッションにおけるグループのメンションに対応

コードのディスカッションにおいて全員のフィードバックが必要な場合があるかと思います。そこでグループ全体の注意を引くための機能を搭載しました。

 

そのほかの改善点

Upsource 2019.1 は IntelliJ IDEA 2019.1 と Hub 2018.4 をバンドルしました。Upsource のパフォーマンスを改善し、Mercurial 4.9 以降が可動するサーバーのサポートを追加しました。