ZeroTurnaround


JRebelを使うとJavaアプリケーションを再起動、再デプロイすることなくアプリケーションコード、リソース、設定、テンプレートの変更をダイナミックに反映させることができます。開発中の待ち時間を大幅に減らすことが出来、開発生産性が大きく向上します。
より詳しく

費用対効果を概算

以下のデータを入力するだけで費用対効果を素早く概算出来ます。

チームのデベロッパ数:
平均再デプロイ時間:
1人が1時間に再デプロイする平均回数:
チームの平均年俸:
  • チーム当たりの年間のJRebelライセンス費用は円です。
  • JRebelによりデベロッパの生産性が%向上します。
    これは現在のチームのデベロッパ名分と同等の生産性です。
  • 同等の生産性を実現するにはJRebelがなければ追加で名のデベロッパが必要です。
  • これは年間円に相当します。
  • JRebelへの投資は日で回収できます。
  • JRebelにより年間円節約できます。

この計算は1ヶ月20日間稼働、1日の稼働を8時間とし、JRebelの導入で再デプロイ回数が0回となる場合の概算です。実際の利用状況により生産性の向上具合は変化し、効果を保証するものではありません。