JRebel

jrebel_logo RGB

開発生産性を大幅に向上

JRebel を使えばアプリケーションの再起動、再デプロイを待つ必要はありませ ん。コードを書いたらブラウザをリフレッシュするだけで結果を確認できます。 またシンプルな Web アプリケーションのみならずデスクトップ、JavaEE など 全てのタイプのアプリケーションに対応しています。 アプリケーションのリロードはローカルのサーバ、リモートのサーバ、そして クラウドのサーバに対して行えます。

IDE プラグインで素早い設定

JRebel を使って開発をするのに難しい設定は必要ありません。お好みの IDE に プラグインをインストールしたら “Run with JRebel” ボタンでプロジェクトを起 動するだけです。
jrebel-idea

他のダイナミッククラスロード技術との違い

JVM の Hot Swap 機能や、Spring Loaded などでもクラスをダイナミックに再ロードすることが可能 です。しかし JRebel 以外のソリューションでは制約が多く、実際の場面においては頻繁にコンテナ の再起動やアプリケーションの再デプロイを余儀なくされます。JRebel を使えばほとんどのアプリ ケーションコードやフレームワークの設定は瞬時に再ロードされるため、朝サーバを起動させれば夜 まで再起動させる必要はありません。

JRebelSpring LoadedHot Swap
メソッド実装の変更
メソッドの追加/削除×
コンストラクタの追加/削除×
アノテーションの追加/削除×
enum値の追加/削除×
クラスの追加/削除××
スタティックフィールドの変更××
インターフェースの変更××
スーパークラスの置き換え××
インターフェース実装の追加/削除××
フレームワーク90以上対応Spring、Grails、AspectJ×
IDE/ビルドツールEclipse、IntelliJ IDEA、NetBeans
Ant、Maven、Gradle
STS

費用対効果を概算

以下のデータを入力するだけで費用対効果を素早く概算出来ます。

チームのデベロッパ数:
平均再デプロイ時間:
1人が1時間に再デプロイする平均回数:
チームの平均年俸:
  • チーム当たりの年間のJRebelライセンス費用は円です。
  • JRebelによりデベロッパの生産性が%向上します。
    これは現在のチームのデベロッパ名分と同等の生産性です。
  • 同等の生産性を実現するにはJRebelがなければ追加で名のデベロッパが必要です。
  • これは年間円に相当します。
  • JRebelへの投資は日で回収できます。
  • JRebelにより年間円節約できます。

この計算は1ヶ月20日間稼働、1日の稼働を8時間とし、JRebelの導入で再デプロイ回数が0回となる場合の概算です。実際の利用状況により生産性の向上具合は変化し、効果を保証するものではありません。

14日間の無償試用

JRebel全機能をお試し頂けるライセンスを発行いたしております。

見積・ご注文

価格(税込み)

法人のお客様

Z_JRBL_1:ZeroTurnaround JRebel
1年間の利用権
¥67,500(税込み¥72,900)
見積もり・ご注文

お問い合わせ

見積、ご注文以外のお問い合わせは以下へお願いいたします。
メール:
電話: 03-4405-5117
一般のお問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。