#JetBrainsIDEテクニック – TabとEnterの補完動作の違い

補完はTabでもEnterでも行えますが、挙動が異なります。
普段はTabで補完確定するようにしましょう。

補完候補を表示
Code Completion
Ctrl + Space
置換して補完
Item Replace
Tab
挿入して補完
Choose Lookup Item
Enter

対応IDE: IntelliJ IDEA、PyCharm、Rider、GoLand、PhpStorm、RubyMine、CLion、AppCode、DataGrip、WebStorm

#JetBrainsIDEテクニック – Postfix completion: 後置補完

コードを書いていると、式を書いた後でそれを変数に代入したくなったり、if文を構成してみたくなったりします。そういった場合、通常はキャレットを左に右に移動しながらコードを進める必要があります。

Postfix Completionを使うと後付けで変数定義にしたりif文を構成したりということが出来るため、流れる様にコードを書くことができます。コーディング効率を大幅に向上させるテクニックですので是非習得してください。

ビデオでも動作をデモしておりますが、初見では分かりにくいかもしれません。何度かご確認頂き、実際に手元でも動かしてコツをつかんでみてください。

if文を構成 .if
真偽反転 .not
forループを構成 .for
変数を定義 .var
return文にする .return
プリント文にする .log .echo .sout .print .puts

ここでは代表的なPostfix Completionを紹介していますが、まだまだ他にもあります。一度設定画面を開いてみてどんなPostfix Completionがあるか確認してみてください。

紹介しているテクニックは書籍「IntelliJ IDEA ハンズオン」にも詳しく記載がございます。弊社より書籍版ご注文頂くとサムライズムオリジナルチートシートが付属します。

対応言語: Java、Kotlin、Scala、Go、C#、JavaScript、TypeScript、SQL、PHP、Python、Ruby

現在のところSwiftとC++はPostfix Completionに対応しておりません。以下のYouTrack課題で進捗状況をご確認いただけます。
Add postfix completion for Swift
Add postfix completion for C++

#JetBrainsIDEテクニック – 変数の抽出

コーディング中、式が複雑になりすぎたときは一部分を変数として抽出しましょう。リファクタリング機能を使えば簡単に変数抽出が行えます。

Mac Win/Linux
変数の抽出
Introduce Variable
Opt + Cmd + V Ctrl + Alt + V

対応IDE: IntelliJ IDEA、PyCharm、Rider、GoLand、PhpStorm、RubyMine、CLion、AppCode、DataGrip、WebStorm

#JetBrainsIDEテクニック – ツールウインドウ幅の調整

IDEでツールウィンドウを開くと幅が狭すぎたり、広すぎたりということが良くあります。エディタとツールウインドウの間のハンドルを掴むことでマウス/トラックパッドで幅を調整することもできますが、つかめる部分が狭いため少し難しいです。
このショートカットを覚えていただくと、ツールウインドウを素速く思い通りの幅に調整することができます。

Mac Win/Linux
幅調整
Stretch to …
Shift + Cmd + ↑↓←→ Ctrl + Shift + ↑↓←→

対応IDE: IntelliJ IDEA、PyCharm、Rider、GoLand、PhpStorm、RubyMine、CLion、AppCode、DataGrip、WebStorm

#JetBrainsIDEテクニック – ツールウインドウ/エディタレイアウトの管理 #jbtips

IDEでツールウィンドウを開いたり、エディタに復帰したりという操作はショートカットで行えます。選択範囲を素速く拡張/縮小することが出来ます。
頻度が高い操作なのでショートカットを覚えると生産性が大きく向上します。

Mac Win/Linux
プロジェクトツールウインドウへ Cmd + 1 Alt + 1
エディタへ ESC
エディタ最大化 Shift + Cmd + F12 Ctrl + Shift + F12

対応IDE: IntelliJ IDEA、PyCharm、Rider、GoLand、PhpStorm、RubyMine、CLion、AppCode、DataGrip、WebStorm

#JetBrainsIDEテクニック – 選択範囲の拡張/縮小

IDEで選択範囲を素速く拡張/縮小することが出来ます。
ファイルの文法を認識して選択範囲が広がるため、コーディング中のコピー、差し替えなどを効率的に行えます。

Mac Win/Linux
選択範囲の拡張 Option + ↑ Ctrl + W
選択範囲の縮小 Option + ↓ Ctrl + Shift + W

対応IDE: IntelliJ IDEA、PyCharm、Rider、GoLand、PhpStorm、RubyMine、CLion、AppCode、DataGrip、WebStorm

2020年8月 JetBrains .NETツールライセンス体系の改編・統合

2020年8月よりJetBrainsの.NETツールのライセンスが3種類に改編、統合されます。

旧ライセンス 新ライセンス
Rider Rider
(変更なし)
マルチプラットフォームC# IDE
ReSharper
ReShaper C++
ReSharper Visual StudioのC#ならびにC++開発サポート強化プラグイン
ReShaper Ultimate
ReSharper Ultimate+Rider
dotUltimate ReSharper、Rider並びにdotTrace、dotMemory、dotCoverを含む統合サブスクリプション

これによりやや複雑だったJetBrainsの.NETツールのライセンス体系が簡略化されます。

ReSharper(C#)、ReSharper C++をお持ちのお客様

ReSharperのライセンスでC++も、またReSharper C++のライセンスでC#も扱えるようになります。ReSharper C++は継続のみとなり、新規のご契約はしていただけません。

ReSharper Ultimateをお持ちのお客様

自動的にdotUltimateライセンスとなり、継続年数も引き継がれます。価格は据え置きでRiderもご利用頂けるようになります。

ReSharper Ultimate + Riderパックをお持ちのお客様

自動的にdotUltimateライセンスとなり、継続年数も引き継がれます。価格は従来よりも割安になります。

Java 25周年記念 IntelliJ IDEA が期間限定で2500円オフ! #ILOVEDUKE

Java25周年を記念して人気のIntelliJ IDEAパーソナルライセンスの新規が2500円オフとなります。

これはサムライズム独自のキャンペーンで、2020年6月30日23時までの期間限定です。

クーポンコード “ILOVEDUKE” を入力して頂きますとディスカウントが適用となります。

以下よりご注文いただきますと、自動的にクーポンコードが入力されます:

パーソナルライセンス新規 ご注文

クレジットカード、銀行振込共に、2020年6月30日23時までにご決済がない場合はキャペーン価格適用外となる場合がございますのでご注意ください。

良くある質問と答え

Q. コマーシャルライセンスはキャンペーン対象外ですか?
A. はい。パーソナルライセンスのみ対象のキャンペーンです。
コマーシャルライセンスはライトプランをご選択頂きますと普段からJetBrains直販よりも割安にお求めいただけます。

Q. ライセンスの更新はディスカウントされませんか?
A. はい。今回は新規ライセンスのみが対象となっております。

Q. 紹介ディスカウントの併用は可能ですか?
A. はい。紹介リンクよりご注文頂く際、クーポンコード “ILOVEDUKE” を入力して頂きますとキャンペーンも紹介ディスカウントも適用となります。