AppCode 2018.1の新機能

Swift

Build configuration import testAppCode 2018.1ではconditional conformanceをはじめとした Swift 4.1 をサポートします。

Implicit モジュール

Implicit modules

Dispatch, CoreGraphics などなど、暗黙的にインポートされるフレームワークが正しく解決され、補完やナビゲーションが働くようになりました。

Quickサポート

Quick support

Quickテストがテストランナーで階層化されて表示されます。特定のテストコードへも素早くジャンプできます。

RxSwiftサポート

RxSwift supportRxSwiftをはじめとするSwift extension type boundsを使うフレームワークで補完やナビゲーションが正しく働くようになりました。

ドキュメンテーションコメント

Indentation for comments Preferences | Editor | Code Style | Swift | Code Generation を使ってコメントが簡単に適切にフォーマットされるよう設定できます。

複数行のコメントが適切にフォーマットされていることは Quick Documentation (F1)で確認できます。

構造ビューにAdopted protocolとwhere句を表示

Structure viewadopted protocolとwhere 句がStructureビューFile StructureダイアログGo To Class/Symbolポップアップで表示されます。

Objective-Cとミックスコード

パンくず

BreadcrumbsObjective-C/C/C++コード編集中、エディタ下部に小さくパンくずが表示されますのでナビテーションが簡単です。

Resolution improvements

Resolution improvementsObjective-Cの Classランタイムタイプ、SEL/IMP タイプ、ジェネリックポインタを正しく解釈しSwiftから扱えます。

Objective-Cコード中のSwiftプロパティに対してRenameリファクタリングやFind Usagesを正しく適用できます。

C++ サポート

 CLion チームによるC++サポートの強化がAppCodeにも反映されています:

  • C++17 のstructured bindingsサポート
  •  C++17のイニシャライザ付き if と switchのサポート
  • ternary operatorの適切なサポート
  • hierarchyの信頼性の高いリファクタリング(Rename 、Change Signature)

インクリメンタルハイライティングの実装や、キー入力処理機構の改善によりエディタがより機敏になりました。

パフォーマンス

Swift、Obbjective-Cと、ミックスプロジェクトでNavigation to class/symbolがより素早く動作します。

ワイヤレスデバッグ

AppCodeはXcode 9で導入されたワイヤレスデバッグをサポートしいます。ローカルネットワーク上にあるデバイスで実行、デバッグできます。

ロケーションシミュレーション

RunDebug 設定でロケーションを設定できます。

RunDebugツールウィンドウのSimulate Locationボタンでロケーションを変更出来ます。Xcodeと同じくカスタムロケーションを設定することも出来ます。

プロジェクトスコープ

内蔵のカスタムスコープを使って、プロジェクトビューインスペクションスコープFind in Pathダイアログで表示されるファイル群の独自のビューを定義出来ます。

またスコープには簡単に見分けられるようカスタムカラーを設定できます。

カラースキーム

カラースキームを見直して、Objective-C/C/C++/Swiftのコードハイライトを見やすくしました。

またGitHubといった新しいカラースキームを追加したり、Xcodeのスキームインポートも改善しました。

コードの折りたたみ

Code folding for control flow

Objective-C/C/C++/Swiftでコントロールフローを制御するステートメント(if/else, do/while, for, switch)を⇧⌘.で折りたためます。これは2行以上あるブロック、またはブレース内のブロックで利用できます。

Xcode

Xcodeキーマップ

Xcode キーマップを改善し、ほぼ全てのXcodeショートカットをAppCodeで利用出来るようになりました。macOSのシステムショートカットとの衝突についても可能な限り修正しました。

Xcode 挙動

XcodeからAppCodeに切り替える際、Xcodeと同一の補完、ブレークポイント、タブ、コードスタイル、フォントサイズとなるよう丁寧にチューニングしました。より詳しく(英語)

バージョン管理

Code chunks to commit

コード変更の固まりを指定してコミット

Git の部分コミット (git add -p)が出来るようになりました。コミットダイアログでチェックの付いている変更箇所だけをコミット出来ます。

変更箇所を別のチェンジリストに移動

Changelistsファイル編集中、ガター(エディタ左側)に変更を示すマークが付いています。このマークをクリックすると変更を差し戻したりDiffを確認したり出来るだけでなく、変更内要を別のチェンジリストに移動して、現在のチェンジリストでコミットされないようにすることが出来るようになりました。

 

紹介プログラムにより新規、他社より移行のお客様は最大1,000円割引。既存のお客様は紹介件数に応じて割引となります。

コマーシャルライセンス年間サブスクリプション 新規
パーソナル 年間サブスクリプション 新規