Payara Server & Payara Micro

Parara

PayaraJakarta EE / Java EEに準拠するエンタープライズアプリケーションサーバです。高可用性、スケーラビリティを求められる大規模ミッションクリティカルシステムからクラウドネイティブなマイクロサービスまで、あらゆるシステムを構築可能です。

オープンソース

PayaraはGlassFish Serverの流れを汲む完全なオープンソースで、開発はGitHub上で行われています。バグの登録、フィードバック、新機能の提案もオープンな場で行えます。

デプロイメントの自由

Payaraはオンプレミスもクラウドも、そしてあらゆるメジャーOSに対応しているため、お客様のニーズに合わせた柔軟なデプロメントオプションを選択可能です。クラウドプラットフォームはMicrosoft AzureAmazon AWSGoogle Cloud Platformをサポートしています。

標準仕様準拠

Payaraは先進のJava EE 8に準拠しています。IBM WebSphere Application ServerOracle WebLogic ServerRed Hat JBoss Enterprise Application Platform、そしてOracle GlassFish Serverにデプロイしているアプリケーションの移行も、移行ガイドをご覧いただければ容易に行えます。もちろん引き続きオープンなJava EE / Jakarta EEに則ってアプリケーションを開発すればPayara自体にロックインする心配もありません。

商用サポート

システム開発には設定方法、デプロイ方法、コンポーネントの組み合わせといった設定、設計にまつわる問題からスローダウン、ハング、メモリなどテスト、運用、負荷下のトラブルなど悩みはつきません。Payaraには商用サポートサービスがありますので設定、トラブルで迷って開発の手が止まることもありません。

システム要件

サーバーJDK8u162以降
メモリ512MB以降
サポート対象のJVM
(付属のAzul Zulu 8のご利用をお勧めいたします)
Azul Zulu 8(商用版にはライセンスが付属)
Oracle JDK 8
OpenJDK 8
IBM J9 8
(間もなくJava 11サポートも追加予定)
サポート対象のOSWindows: 7以降、Window Sever 2008以降
Linux:
Ubuntu 14.04 (Trusty Thar) LTS+
Debian 7(Wheezy)以降
CentOS 6以降
RHEL 5以降
OpenSUSE 42.2以降
SUSE 11.4、12.2以降
その他:
AIX 7.3 TLS3以降
MacOS(OSX) 10.10.5(Yosemite)以降

サムライズムとPayara

サムライズムはPayaraの公式代理店です。アプリケーションサーバであるPayaraだけでなくJetBrains社製の先進Java IDE – IntelliJ IDEA、サーバの再起動なしにコード変更内容を反映させることで開発ライフサイクルを劇的に縮められるJRebel、プロダクション監視サービスであるDatadogなども取りそろえており設計から開発、運用まで360度の支援が可能です。またサムライズムのチームにはBEAシステムズにてWebLogic Serverのテクニカルサポート、Red HatにてJBossのコンサルタントの経験者がおり、お客様の要件に合わせた高度なご提案、ご説明が可能です。

見積もり・ご注文

「導入後使いこなせるようトレーニングして欲しい」
「既存のアプリケーションサーバからの移行が不安」
などのご相談に柔軟に対応させて頂きます。

お問い合わせ