AppCode 2019.2の新機能

Swift

AppCode 2019.2 は Property Wrappers、static subscripts などを含む最初の Swift 5.1 のサポートを搭載しました。

クロージャーの折りたたみ

Swift のクロージャーでコードの折りたたみができるようになり、コードがより読みやすくなりました。

キーワードハイライティング

インデキシングやキャッシュが完了していなくても Swift のキーワードハイライトがすぐに行われるようになりました。

Highlighting

行の結合

Join Lines (⌃⇧J) を使うことで変数宣言と初期化のマージを簡単に行えます。

使用箇所から生成

⌥⏎ を使うことによってコード内の使用箇所から Swift の enum の cese を生成できるようになりました。

使用箇所の検索

Find Usages ツールウィンドウで便利なソート機能を使うことにより、使用箇所の検索がより速くなります。

Find Usages

デバッグ

Disassembly ビュー

ソースコードが利用できない場合、 Force Step Into(⌥⇧F7) で逆アセンブルされたコードを参照できます。 (または Debug ツールウィンドウでフレームを選択してください。)

Disassembly view

補完

デバッガコンソールにおいて ⇥ を使用して LLDB コマンドの補完ができるようになりました。

コードカバレッジ

カバレッジ付きのユニットテストを実行するにはシンプルに Run With Coverage ボタンを押下してください。

エディタ左側のガターでカバレッジの結果を参照できます。

Coverage results

カバレッジのヒットカウントを参照または非表示にするには、カバレッジのカラーインジケータをクリックしてください。

Hit count

Project ビューまたは分割されたツールウィンドウでカバレッジの統計を参照できます。

Project view and coverage statistics

インデキシング中のビルド、実行、デバッグ、テスト

インデキシングとキャッシュの完了を待たずに、すぐにアプリケーションのビルド、実行、デバッグ、テストができるようになりました。

連携

シェルスクリプトプラグイン

設定等は不要で、シェルスクリプトのコードアシスタンス機能を利用できるようになりました。

Shell Script plugin

TextMate バンドルプラグイン

TextMate の文法を通じてサポートされた 20 以上の言語について、基本的なコードハイライトとコード補完を利用できるようになりました。

TextMate Bundles Plugin

コミットウィンドウ

IntelliJ Platform チームのおかげで Local Changes タブから直接変更をコミットできるようになりました。それを実施するには、Preferences | Version Control | Commit Dialog メニューの Commit from the Local Changes without showing a dialog チェックボックを有効にしてください。

Commit window