DataGrip 2018.1の新機能

ダウンロード

データエディタ

SQLログ

データを更新する際、実際どのようなクエリが走るか確認することが出来ます。

一般的なエンハンスメント

スキーマスイッチモード

DataGripでどのようにスキーマを切り替えるか指定することが出来ます:

Automatic: DataGripが内部のオペレーションでコンテクストに従って切り替えます
Manual: DataGripは内部のオペレーションで自動的に切り替えることはしません。しかしながら右上のスイッチャーよりマニュアルで切り替えることが出来ます。
Disabled: ostgreg_bouncerを扱っている場合など、勝手に切り替えられることはもうありません!

何でもリネーム

本バージョンより、サポートするオブジェクト全てをリネーム出来るようになります。Oracleのシーケンス、MySQLのイベント、PostgreSQLのトリガを含むどんなオブジェクトでもShift+F6よりリネーム出来ます。これはデータベースツリーでもSQLスクリプトどちらでも可能です。オブジェクトを利用しているスクリプトも一緒にリネームされます。

スクリプトの実行

スクリプトを実行する際に選択したスキーマが記憶されます。

ファイルのクイックドキュメンテーション

F1 でファイルに対してもクイックフィックスを確認できます。例えばファイルサイズなどがすぐさま確認出来ます。

ナビゲーション

DDLエディタにPrefer data editorと呼ばれるオプションを追加しました:
— テーブル/ビューにジャンプ: Cmd+O.
— カラムへジャンプ: Shift+Cmd+Alt+N
— データベースツリーッビューのテーブル/ビュー、カラムをダブルクリック
参照からDDLエディタへジャンプするのはPrefer database viewと呼ぶようになりました。これによりSQLから Navigate to declaration (+Cmd+B or Ctrl+Click)アクションでジャンプする先が決まります。

Go to classと Go to tableのアクションを統合しました。ショートカットはCmd+Oです。
DataGrip からはサポートされているどの言語のクラスへもジャンプ出来ます。
— 他のJetBrains IDEからはついにテーブル、ストアドプロシージャといったデータベースオブジェクトを見られるようになりました。これは言語によりフィルタされます。

データベースビュー

MariaDB をサポートします。

RedShiftの external schemas とExasolのvirtual schemas サポートを追加しました。

MySQLイベントはデータベースツリーに表示されます。ソースコード生成も可能です。

データソースの色はFilesペインのコンソールファイルにも反映されます。

またPostgreSQL 10のPartitioned tableサポートも追加しました。

SQL編集

SQL編集中、カレット位置のシンボルの次/前の登場位置に Alt + Wheel down と Alt + Wheel upでナビゲートできます。またはFind Actionより‘highlighted element usage’ をお使い頂けます。

OracleExasolファイル参照の補完が効くようになりました

Move element left / rightが追加されました。ファンクションのパラメータ、INSERTステートメントのフィールドなどで働きます。カラムリストを編集する際、カンマも正しく配置されたままにしてくれます。
MySQLCommon table expressionsをサポートしました。
Duplicate entire lines アクションはファイルの末端でも動作するようになりました。これは選択した領域を複製しつつ、間に改行を挟むアクションです。多くの場合、単にDuplicate (Cmd+D)を使うより便利です。

折りたたまれたコード内にエラーや警告があればハイライトするようになりました。検索時にヒットする箇所があれば折りたたんだコードをハイライトします。

その他の改善

機能

  • SQLite コマンドでハイライトが壊れていましたが、正常になりました
  • Replace in Path ウィンドウで正規表現の置換結果もプレビューできます
  • REST クライアントプラグインを利用出来ます
  • コードフォーマッタで大文字小文字はデフォルトでは変更しなくなりました

バグフィクス

  • DBE-397: ドライバレベルのリードオンリーモードは使わなくなりました。“s”から始まる安全なステートメントも実行できます
  • DBE-5969: デフォルト値だけで行を追加する際にエラーが出なくなりました
  • DBE-5999: 構造ペインで要素をソートできます
  • DBE-2102: SQL Serverのデフォルトの制約関連の問題を修正しました。alterもdeleteも正常に出来ます
  • DBE-5968: Sybaseのncharnvarchar、unichar、univarcharタイプで正常なlengthが表示されます
  • DBE-4962: SQL Serverで外部キーのカスケードルールが正常に表示されます
  • DBE-6028: CTEでコードの折りたたみが出来るようになりました
  • IDEA-124160: Search Everywhere ポップアップが正常にフォーカスを受け取ります

紹介プログラムにより新規、他社より移行のお客様は最大1,000円割引。既存のお客様は紹介件数に応じて割引となります。

コマーシャルライセンス年間サブスクリプション 新規
パーソナル 年間サブスクリプション 新規

特定商取引に関する法律に基づく表示