Rider 2019.2の新機能

デバッガーが改善されました

“Variables” タブには ‘Pin to Top’ と呼ばれる新しい機能があります。 最も興味のあるオブジェクトのプロパティやフィールドにスターを付けることができ、それらを一覧のトップに表示することができます。
‘Run to Statement’ および ‘Jump to Statement’ アクションはエディタのカーソルに続くアイコンになりました。
また、スタックの計算とステップにおいて多くのパフォーマンス改善をしました。

Debugger

Xamarin サポート

このリリースでは Xamarin iOS 開発で役に立つ機能をいくつか追加しました。
まず、Xamarin iOS プロジェクトの.ipa (iOS App Store Package) ファイルを IDE から iOS デバイスに直接公開できるようになりました。Solution Explorer ビューで iOS プロジェクトを選択し、コンテキストメニューから “Archive for Publish” をクリックしてください。
2つ目に、Xamarin iOS プロジェクト用のプロパティウィンドウ (Configurations | Bundle Signing) からプロビジョニングプロファイルの管理ができるようになりました。

Xamarin support

Windows Forms デザイナ

Rider 2019.2 では、Telerik, DevExpress, Syncfusion, ComponentOne および Infragistics のサードパーティコントロールに関するサポートを追加しました。デザイナツールボックスに適切なコントロールをロードし、アプリケーションフォームやユーザーコントロールで利用できます。なお、Visual Studio API をよく使う DevExpress の一部のコントロールは動作しないのでご注意ください。現在、回避策に取り組んでいます。

それとは別に、32ビットコントロールのサポートも追加しました。デザイナ内で 32ビットコンポーネントも使うことができます。
より詳細は、Using third-party Windows Forms controls with Rider をご覧ください。

Mono アプリケーションのコードカバレッジとユニットテスト

.NET Core アプリケーションとテストのカバレッジ分析に加え、Mono Framework のサポートも追加しました。Linux, macOS および Windows 上で Mono ランタイムを使った .Net Framework テストをカバーします。Code coverage of Mono applications and unit tests

強化された C# サポート

ReSharper が強化され C# 8 を最大限に活用できます:

  • Index型、Range型など最近の変更をサポートしました。
  • コンテキストアクションである Add range check は System.Index または System.Range によるインデキシングをサポートしました。
  • アンマネージドジェネリック構造体をサポートしました。
  • 2つの新しいインスペクション ‘Convert switch statement to switch expression’ と ‘Convert chain of ternary expressions to switch expression’ に対応しました。‘Convert to switch expression’ クイックフィックスにも対応します。

皆様の期待に応えてコンテキストアクション Convert concatenation to interpolation がスコープ内で適用できるようになりました。

Enhanced C# support

F# サポート

Code Vision が F# に登場しました! コードエディタの右側で、関数や値、メンバーで推測されるタイプおよび宣言をしたVCSのオーサーを表示します。

そのほか以下の変更を含みます。:

  • ReSharper のスペルチェックは F# のシンボルの宣言、文字列、コメントでも動作するようになりました。
  • エスケープシーケンスは文字でハイライトされます
  • 一致する表現において一度も一致していないルールにハイライトが有効になりました
  • Find Usages と Go to Declaration は record construction および copy-and-update 式でも動作するようになりました
  • 例外を生成する式には New Instance の種類が表示されます
  • F# のインタラクティブは .NET Core SDK 2.2.300+ から実行できるようになりました。

より詳細はGitHub のリポジトリ をご覧ください。

F# support

UI のアップデート

Light テーマのエディタとデバッガタブが Darcula/Dark テーマに合わせて再デザインされました。
コード補完ポップアップの UI はよりクリアにより一貫性を持つようになり、Light テーマのセクション上のハイライトは改善されました。
このリリースでは Local Changes から直接コミットができるようになりましたので、別のコミットダイアログを開く必要はなくなりました。

UI update

Solution Explorer

Solution Explorer ビューにいくつかの機能が搭載されました。:

  • Solution フォルダをリネームできるようになりました
  • “Auto-scroll to source” はソリューション/プロジェクトファイルに対して無効になりました
  • Visual Studio 2019 で導入された Filtered solutions (*.slnf) を Rider で開けるようになりました

Solution Explorer

NuGet サポート

Rider 2019.2 はビルトインの NuGet クライアント用に多くのアップデートをしました:

  • パッケージのインストール後、次のステップの決定を手助けするためにパッケージの readme.txt を表示するようになりました
  • XDT 変換が実行されると、パッケージが必要な場合に設定ファイルからエンティティが自動的に追加/削除されます
  • プライベートフィードにアクセスするために、Azure DevOps/Artifacts で利用できるネイティブのクロスプラットフォームの credential プロバイダーをサポートしています
  • パッケージのアップグレードをより簡単にするために、複数のプロジェクトにおいて複数のパッケージをアップグレードするためのいくつかの更新を行いました

詳細は Readme.txt support, XDT transforms, native credential providers and more Rider 2019.2 NuGet updates  をご覧ください。

NuGet support

コードの再編成

Rider は ReSharper からもうひとつ待望の機能を実装しました。ファイルレイアウトパターンが Rider の Settings/Preferences 内の Editor | Code Style | C# | File Layout において、XAML View (コード補完やコードハイライト)を使用して変更できるようになりました。

ASP.NET サポート

aspx/ascx ファイル向けにJetBrains独自の ‘ASP.NET code-behind files’ を実装しました。新しいコントロールを .aspx ファイルに追加し、コードビハインド(.aspx.cs)からアクセスした場合、 ジェネレータはそれに対応する .designer.cs ファイルを生成します。

Unity サポート

Rider の Unity とのすばらしい連携はリリースを重ねるごとにより良くなっています。v2019.2 では以下のような連携があります。:

  • エディタ内でシリアライズされたフィールド値を直接表示します
  • シーン、タグ、レイヤ、入力値の補完と検証を追加しました
  • カスタムエディタや属性等を生成するための新しいファイルとライブテンプレートに対応しました
  • クラス内のどこかで Alt+Enter アクションを実施するとコンテキストメニューからイベント関数を生成できるようになりました
  • `Space`, `Header`, `Tooltip` のような Inspector アクションを追加するための新しいコンテキストアクションに対応しました
  • Unity のシンボルの使用を見つけるためには、Navigate To メニューを使ってください
  • テキストベースのアセットの処理に関するパフォーマンスが大幅に改善されました
  • Unity Editor プラグインは Unity 2019.2 にバンドルされたパッケージとして提供されるようになりました – プロジェクトにこれ以上の dll はありません!

より詳細は GitHub 上のリポジトリをご覧ください。

バージョン管理に関するアップデート

  • 外部からプロジェクトにコピーされたファイルをバージョン管理に追加するよう促すようになりました
  • チェックインをし忘れたかもしれないファイルを予測するようになりました
  • 無視するファイルに関する処理が改善されました
  • ディレクトリの作業履歴をGit ログで直接表示します
  • プロジェクトビューで選択された複数のディレクトリで Git ファイル履歴を表示するようになりました
  • Update Project アクションの後のアップデート情報を Log タブに表示するようになりました
  • ブランチの比較アクションが改善されました
  • Working Tree のアクションを使って Show Diff ができるようになりました
  • Diff の “Collapse Unchanged Fragments” モードが改善されました
  • VCS ログのカラムがカスタマイズできるようになりました
  • Git マージや Cherry-Pick 処理を中断できるようになりました

より詳細は IntelliJ IDEA 2019.2の新機能 をご覧ください。

VCS update

Web 開発

  • リネームリファクタリングの改善
  • JavaScript, TypeScript, CSS, Sass, SCSS, Less の重複コードの検索
  • Angular サポートの改善
  • JavaScript の補完候補の表示をアップデート
  • 入力ミスをしたキーワードと名前のコード補完
  • Pipeline Operator をサポート
  • JavaScript のデストラクチャの新しいインテンション
  • 更新されたデバッガでのスマートな step into
  • エディタでタイプのヒント
  • デバッガーでライブラリからのフレームを非表示

より詳細は WebStorm 2019.2の新機能をご覧ください。

Web development

データベースサポート

  • 設定ファイル内に正しい接続文字がある場合は、LocalDb 接続をセットアップするよう通知します
  • SQL プレビューでの Full-text 検索
  • クエリライブタイマー
  • 不要なCASEの利用インスペクション
  • すばやいテーブルバックアップ
  • テーブルのコメント
  • Move Caret to Next Word の動作を管理する新しいオプション
  • 新しい結合のアイテム IS NULL と IS NOT NULL がコード補完に含まれるようになりました
  • 新しいインテンションアクション
  • 強制リフレッシュアクション

より詳細は DataGrip 2019.2の新機能をご覧ください。

Database support

その他の機能

  • 新しいサービスツールウィンドウ: すべての接続、設定等を単一のコントロールパネルに表示
  • ビルトインの TextMate 言語グラマーのおかげで20以上の言語のシンタックスハイライトに対応。すべての言語のリストは Preferences/Settings under Editor | TextMate Bundles で参照できます。
  • “import namespace” 候補とコード補完リストからメンバーを除外できるようになりました
  • ‘Build Solution’ または ‘Run Unit Tests’ アクションが完了した際に新しいシステム通知がされるようになりました

Other features

さらに以下の機能もあります

  • メモリアロケーション、例外などを含む Timeline Snapshots ですべてのフィルタが利用可能になりました
  • Find in Path 内のスコープの選択肢に新しいスコープ Recently Сhanged files, Recently Viewed files, Data Sources が追加されました
  • 事前定義されたオプションが、Build, Execution, Deployment | Unit Testing | MSTest 配下の MSTest 設定ページ上の  “Visual Studio path” 欄に表示されるようになりました
  • 開いている階層において、すべての外部のタイプを表示するボタンがあります

Yet more features