TeamCity 2018.2の新機能

TeamCity 2018.2ではGitHubプルリクエストのフルサポート、スケーラビリティ向上のためのセカンダリノード、プラグインリポジトリのインテグレーション、investigationの自動アサイン、テスト結果のスクリーンショット、Kotlin DSL設定プレビューなどの新機能が搭載されています。

セカンダリノードによるスケーラビリティの向上

セカンダリTeamCityノードを設置するとバージョン管理システムにアクセスして変更の有無を確認したり、変更を収集したりする処理をメインノードからオフロードでき、全体のスケーラビリティを向上させることが出来ます。セカンダリノードを可用性向上の目的でセットアップすることもできます。

GitHubプルリクエストのビルド

GitHubプルリクエストサポートを強化しました。プルリクスエストをauthorでフィルタリングすることによりインターナル、エクスターナルのコラボレータからのプルリクエストのビルドを制限したり、全プルリクエストをビルドしたりできます。ターゲットブランチでフィルタすることもできます。

プラグインサポートの改善

プラグインリポジトリからインストール

TeamCityのプラグインをJetBrains plugin repositoryから直接ダウンロード、インストールできます。もうjarファイルを手動でアップロードする必要はありません。

プラグイン開発が容易に

TeamCityプラグインを開発する際、サーバを再起動する必要がなくなりました。

再起動不要

プラグインリポジトリからプラグインをインストールした際、再起動しなくても適用できます。

テスト結果にスクリーンショットを追加

TeamCity 2018.2ではスクリーンショットやテストデータ、リンク、アーチファクト、ログ、数値といった情報をテスト結果に追加できます。これらはtest detailsの画面で一緒に確認できます。

Kotlin DSLによる設定のプレビュー

Kotlin DSLフォーマットで設定を書くのに自信がなくても、管理画面より現在の設定からDSLコードを自動生成してプレビューできます。DSLを学ぶのが容易になりますし、コピー&ペーストするだけで既にあるsettings.ktsファイルに変更を適用できます。

investigationを自動的にアサイン

investigationのアサイン状況を学習し、自動的にアサインしたり、アサイン対象者をサジェストしたりします。ビルドを壊したと推測される人に原因を追及するよう通知が行きます。

複数のNuGetフィード

TeamCity 2018.2では複数のNuGetフィードをプロジェクト、そしてそのサブプロジェクト全部に指定できます。NuGet Server API v3もサポートします。

もちろんこれだけではありません。より詳しくはリリースノートのページをご覧ください。