YouTrack 2019.1の新機能

機能

アジャイルボードをお気に入りに

アジャイルボードの一覧でお気に入りマークを付けることができるようになりました。お気に入りのボードは常に一覧のトップに表示されます。

スタンドアロンYouTrack用Slackアプリ

Slack とのカスタムインテグレーションにより YouTrack スタンドアロンインスタンスをワークスペースにリンクし、両方のアプリケーションを最大限に活用することができます。課題の更新通知を取得したり、プレビューをリンクしたり、課題の下書きへのメッセージをコピーしたりできます。

コミュニティベースの言語サポート

YouTrack のユーザーコミュニティによってサポートされている言語に切り替えられるオプションがあります。JetBrains 社に正式にサポートされていない言語を YouTrack で利用したい場合は、ご自身で翻訳に貢献することもできます。

改善点

アジャイルボード上のカードのフィールドカスタマイズ

アジャイルボード上のカードに関する新しい設定によって、どのフィールドを参照可能にし、そして、その値をどのように表示するかを選べるようになりました。これにより複数のプロジェクトを管理している場合でも、ボード上の各カードに同じデータを表示することができます。

システムワイドなダークテーマ

課題リストを除く YouTrack の各ページに ダークテーマを適用できるようになりました。ダークテーマは課題リストが実験的な機能として有効な場合でも機能します。自身のプロフィールアイコンをクリックして ダークテーマを切り替えるか、またはプロファイルの一般設定でONにすることができます。

アジャイルボードのクローンアクション

アジャイルボードの設定パネルに機能が追加され、ボードをクローンすることができます。このことで、一から設定することなく新しいアジャイルボードを作成することができ、後からいつでも設定をチューニングすることができます。


期間の表示形式をユーザーごとに設定可能に

YouTrack のプロファイルにおいて、期間形式の値をどのように表示するかを選べる設定が追加されました。このことで、ひと目で値を計算し値を比較しやすくなります。

プロジェクト設定へのすばやいアクセス

課題からそのプロジェクトの設定に直接ジャンプできるようになりました。プロジェクトの更新権限のあるユーザーはフィールドパネル内のプロジェクト名の隣りにあるアイコンをクリックするだけでプロジェクト設定にアクセスできます。


作業項目タイプのデフォルトがスマートに

新しい作業項目のタイプは直近に割り当てた値がデフォルトになります。この変更によって同じ種類のアクティビティをコンスタントに実施しているユーザーは自身の作業をより早く報告できます。

Markdown内のシンタックスハイライトの改善

Markdown 内の言語特有のシンタックスハイライトが改善されました。GitHub における類似の機能との互換性が向上し、ハイライトなしのコードブロックへのサポートも追加されました。

匿名のSMTPサーバー接続

YouTrack はログインやパスワードを送信することなくSMTPサーバーに接続できるようになりました。このことによって認証を必要としないSMTPサーバーに接続できます。

実験的な機能

再デザインされた課題リスト

課題リストの最新版を実験的に利用できるようになりました。実験的なバージョンでは、すべてのレベルのツリーモードと、現在の検索クエリを絞り込むためのスマートフィルタをサポートします。